仕事中のBGMは要らないかも

今日のお昼ごろ、何の気なしに音楽をかけながら、こんな記事を見つけました。

→ 仕事中にBGMを流す人は無能!英大学の研究で判明

記事によると、「BPMが速い曲を聞くほど脳の処理能力は下がっていくため、結局は無音状態が最強」とのことで、仕事をするときに音楽を聞くと集中の妨げになるのだそう。

作業と関係がないBGMを聞くと、私たちの脳は音のほうにリソースを割いてしまい、結果として作業の効率は低下します。これは、専門的には「無関連音効果」と呼ばれる状態で、いろんなアプリを起動したせいでCPUの処理力が下がったようなもの。人間の脳にとって、BGMは負荷が重すぎるのです。

ついつい耳に馴染みのある音を聞いている方が仕事が進みやすいと思っていて、音楽を聞いていたけど、なるほどその通りだなぁと思って、イヤホンを置いてみました。

BAKEには「集中部屋」なる場所があるので、そこにPCを持っていき、思い切って音楽を聞かずにやめてみたら進みやすかったんです、びっくりすることに。

音ナシに加え、極めつけは、アクセスブロック。

SelfControl」というMacアプリを、ここぞ、というときに使っています。あらかじめブラックリストのURLを追加しておき、時間を決めて設定すると、その間は何がなんでもそのサイトにアクセスできないのです。

集中力の無さは元々だけど、音楽によって、さらに集中力を削がれているかもしれないという話は、その通りかもしれないなぁと思いました。

音楽がないと不安、というのはウソでした。明日も、引き続き音ナシで仕事を進めたいと思っています。

 

それでは、また明日。

Taichi Hirano