小旅行にもってこいな「みさきまぐろきっぷ」で、マグロが有名な三崎港に行ってきた!

世の中には、一度知ってしまったら知らなかったことにはできないことがたくさんあります。今回紹介する「みさきまぐろきっぷ」も、そのひとつです。

 

みさきまぐろきっぷとは? 

電車・バス乗車券 + まぐろ食事券 + レジャー施設利用料 』をパックに詰め込んで、3,000円で提供しているキャンペーン。品川駅でこのきっぷを買ったので、税込み3,060円でした。

そもそもなぜこのきっぷのことを知ったのかと言うと、この記事を読んだからです。
→ 気軽に楽しめる日帰り旅ならみさきまぐろ切符で決まり♪

1時間ほどで行ける距離で、飲み会代くらいの値段で、1日遊べる(しかも海が近くにある)、となったらもう行くしかないです。思い立ったのが当日の朝だったのですが、誰も予定が合わなかったらひとりで行こうと思っていたのですが、ちょうど予定が空いていた友達がいたので、2人で行ってきました。


まずは、京急品川駅で「みさきまぐろきっぷ」を購入します。

電車にゆられながら三崎口駅を目指します。10分間隔で出ている「特別快速」に乗ると、最終駅が三崎口駅なのでオススメです。席がふかふかです。

「みさきまぐろきっぷ」は、電車だけでなくバスの乗車券も兼ねているので、きっぷを忘れずにバスに乗り込みます。三崎口駅に着いたのが14時頃だったので、オススメの食事処が一番多かった「三崎港」に向かいました。降りるときにきっぷを見せればOKです。

太陽が見えない珍しい晴れの日だったので、空の色があまり芳しくないですが、結構いい眺めでした!

町を歩いていくと、島ぽい町並みが広がっていて、「旅行に来たぞ」という感じでいっぱいになります。2枚目は、接写でも動じず目まで合わせてくれた猫。かわいい。

この橋が城ヶ島に行ける橋「城ヶ島大橋」です。城ヶ島大橋はチャリでも渡れるらしく、行ってみようかと話していたんですが、ちょうど15時ごろから風が吹き始めて寒くなってきたので断念しました。

そして、今回のお目当てのまぐろごはんを食べるために、「紀の代」に向かいました。向かって左側の女の子たちが待っているお店が「紀の代」です。(店の写真を撮り忘れました。)

「紀の代」で待つこと20分…。外で待った割にはすぐに出てきたのが、名物「とろとろ丼」です!!

代々受け継がれているタレに漬け込んだヅケと、脂のり抜群のビント口にネギト口、そしてホホのユッケの4つの味のまぐろがてんこ盛りでした。ファーっと溶けていく感覚のためだけにもう一度来たくなるくらい美味しかったです!!

ご飯を食べてゆっくりしたあと、三崎港にある「『うらり』産直センター」に行ってきました。結構でかいサイズなのにほとんど1,000円くらいで売られていて、さすがマグロの産地なだけあるなと思いました。

最後、海を眺めながらぼーっとしていたのですが、寒くなってきたので、18時頃バスに乗って三崎口駅に行き、電車に乗って帰りました。

次回は、朝早くから1日かけてゆっくりと港を巡りたいなと思います。

Taichi Hirano