すべてのサービスは完璧じゃない。

photo-1430916273432-273c2db881a0.jpeg

小さいアラを見つけては、ねちねちとサービスのエラーやバグについて突っ込んでくる人や「動かないからこのアプリやサービスはクソだ」なんてコメントを投稿している人がいるけど、そもそも『ひと』がつくっているサービスを完璧にすることって不可能なこと、なんでわかんないんだろう。自分ができもしないのに、それを相手に求めちゃうのってなんでだろう。

サービスをつくる際には、時間が限られている中で優先順位をつけて「本当に必要な機能」から実装していくし、ユーザが今欲しい機能がないかもしれない。それに、実装過程でちょっとしたミスで挙動がおかしくなってしまうことだってあるはず。もちろんバグは起こさないでコードを書いていくだろうけど、たまたま、ある特定の動作が正常に作動しなかっただけで「クソだ!」ってわめいて書かれたであろうレビューを見ると、この人は「サービス」に対して過剰に期待しすぎているのではないか? と思ってしまいます。

そもそも、完璧なんてムリじゃないか。

めちゃくちゃたくさんの人が使ってるTwitterのアプリだって急にフリーズして落ちるときがあるし、Facebookだって、ある。iPhoneだって急に再起動したり、キーボードで文字入力ができなくなるときだってある。今このブログを書いているSquarespaceは、入力していると文字が消えることが結構な頻度である。でも、そういうものじゃない? と、Wantedlyというサービスを開発している様子を横で見ていて、よく感じます。

最高のプログラマーが一斉に集まって最高のサービスをつくるために何年間もかけて最高の完成度でローンチしているならともかく、少数精鋭でミニマムリリースしてからどんどん機能を追加していくのがよくあるパターンな今の時代、完璧にすることが必ずしも最優先でもないような気がするんです。多少ミスやバグはあったとしても、まずは発信する・リリースする。そっちの方が大事で、その温度感を理解して、もっとサービスに対して寛容になれる人が増えないと、この先新しいサービスがぐっと伸びる芽を潰してしまいそう。

また、お金をもらっているから完璧にするのが当たり前だろ、というロジックも少し違うのではないかなと思います。「お金」は(バグも含め)そのサービスに価値があるとその人が感じるから等価交換として支払うのであって、バグやちょっとしたミスは防ぎようがなく、なくそうと努めていてもどうしても起きてしまいます。

そういう「すべてのサービスは完璧ではない」ということを前提にして物事を考えないと、この先、小さいことにピリピリして生きていくのはストレスが溜まってしょうがないなあ、と思います。

 

逆に、とってもよいのは、「ここ◎◎になっているから〇〇したほうがいいよ」って運営者に言えること。最近Wantedlyではパスワード管理にMeldiumというツールを使いはじめたのですが、インフラエンジニアのうっちーさんは、何か変な挙動をするところを見つけたときにはサッとサポートセンターに連絡して、フィードバックをしていて、そういうことをする人がもっと増えればいいのになと思います。しかも、Meldiumのサポート体制はすごくしっかりしていて、すぐに返事が来てこういう声をサービスに生かそうとしてくれる意思を感じる、と言っていました。完璧なものはつくれないからこそ、フィードバックに即座に返答することで、ファンづくりってできるんだなと感じました。


ちなみに今、Appleが今秋にリリースする予定の「iOS9」と「OS X El Capitan」のβ版を試しています。あのAppleでさえ、β版でもパッと見つかるくらいのバグがありました。でも、新しいものを試していることで、「ああ、中の人たちもガンガン開発しているんだなー」っていうのが分かって結構楽しいですよ。

ちなみに、これは新しいOS Xで搭載される「Split View」という機能。ちなみに、2つのアプリの比率も変えることができるんです。あとはフォントも変わったのかな?少し丸くなったフォントで見やすくていい。

Macの優れた点の一つは、多くのアプリケーションを同時に動かせること。もう一つは、フルスクリーン表示で一つのアプリケーションだけに集中できることです。Split Viewでは、その両方の良さが手に入ります。
— Split View

iOS9も今のところ、特にでっかいバグもなくていい感じ。

 

ちなみに、ぱっと見で変わったなと思ったところが共有画面(Safariでみたとき)。左がiOS8で、右がiOS9Beta。後者のほうがゆとりをとって丸っこくなった印象。こっちのほうが好きだなあ。

もっと、サービスに対して寛容になれるココロをもちたいし、寛容になってくれる人が増えると良いなと思います。

Taichi Hirano