The Year in Review 2015

theyearof2015

THE YEAR IN REVIEW

2015年は、「一眼レフデビューの年」。

 

4月末のゴールデンウィーク直前に、はじめての一眼レフ、Canon EOS 70Dを購入。これまでRICOH GRで撮っていた写真とは全然違う撮り方ができるようになって、写真の幅が広がったように思います。9月には単焦点レンズも購入し、ボケさせるのってすごく楽しいんだな、と実感。取材でも使うようになり、苦手だった人物写真も、撮る機会がふえました。そして、写真を撮ったあとは、Adobe Lightroomを使ってレタッチするのが楽しく、どうやったらこの写真をよりきれいにできるのだろう? とうんうん悩む時間が最高に好きです。

 

NEXT YEAR

来年のテーマは、「風通しがよいこと」。

どんな写真を撮りたいんだろう、とときどき考えます。どぎつい色で彩られたカラフルなあまり興味がなくて、シンプルだけどぐっと来る、そんな写真を自分は撮りたいなと思います。そうなると、必然的に対象物は少なくなり、余白が多く、風の通り道ができそうな写真を撮ることを意識して、来年はパシャパシャ撮ってみようかなと考えています。あとは、写真でいろいろ遊んでみたい。

 

THE TOP 20

選定条件は、「再度見てぐっとくるか」。

撮った枚数は数知れず、レタッチした数も500枚以上。だけど、もう一度見たときに「これいいなぁ」と思える写真ってそう多くなくて。2015年中で、これは「ぐっときた」という写真を20枚選んでみました。こうやって選んでみると、青みがかかっていて、光が差し込んでいる写真が好きなんだなとわかりました。来年も、手探りながらも撮り続けていこうと思います。

 
 

ちなみに、Flickrの選ぶ「2015年のよかった写真」は、自分の100倍すごい。そうか、こういう構図で撮るといい感じになるのか、ってすごく参考になります。たぶん、500pxなど他の写真サイトも今年の〇枚を出すはずなので、それを見るのもたのしみです。

 
Taichi Hirano